難関古文

Mon, 14 Dec 2020 08:26:05 JST (1012d)
Top > 難関古文

講座情報

  • 講座コード:5439
  • 担当講師:栗原先生
  • 収録年度:2012年度
  • 授業回数:90分*20回
  • 確認テスト:20回
  • 講座修了判定テスト:2回
  • レベル:3~8
  • キャッチコピー:いつも心に映像を!―基礎から確認し、難関大合格の力をつける!
  • 対象学年:高3・高卒生
  • 講座の対象:東大・京大など難関国立大、早稲田・上智・関関同立などの難関大学に合格したい受験生
  • 講座の目標:難関大学で出題される古文を正確に読み、解答し、合格点をとれる力を養成する
  • 学習項目:古文読解を通して、古文を正確に読み、解く、難関大学で合格点をとるために重要な事項とポイントを学習する
  • 学習内容:古文の基礎から確認し、最終的には難関大学の入試古文で合格点を取ることを目指します。難度の高い古文の問題は、問題文自体の難度もさることながら、設問の意図を正確に把握し解答するという難しさもあります。記述問題では、どう表現したかによって、点数が大きく変わります。わずかな試験時間内で、これらの難しさに立ち向かい、どんな問題であっても合格点が取れる力を、段階を踏んで身につけていきます。なお、授業は単に読解技術だけでなく、古文の背景知識にも触れます。「いつも心に映像を!」・・・古文の世界の深奥に触れながら、確実に古文に強くなれる講座です。
  • 受講上の注意:未記載
  • 必須講習講座:
  • 事前受講講座例:未記載
  • 予習の仕方:未記載
  • 復習の仕方:未記載
  • 講座の構成:
    講数内容
    1-1用言の活用のシステム
    1-2述語と助動詞の統語構造
    1-3敬語のシステム
    1-4古文常識1「死生観」
    1-5和歌の修辞法
    1-6古文常識2「結婚」
    1-7古文常識3「位階と寒色」
    1-8古文常識4「天皇と妃たち」
    1-9近世文の読解
    1-10軍記物語の読解
    2-1多くの会話と和歌が錯綜する文章の読解
    2-2近世文の読解(松尾芭蕉)
    2-3作品とその典拠の関係
    2-4能楽論の読解
    2-5『源氏物語』の文体の特徴
    2-6近世文の読解(井原西鶴)
    2-7古文常識5「もののけ・加持・穢れ」
    2-8古文常識6「平安家族の構造」
    2-9様々な現代語訳(記述式対策)
    2-10文の構造を考える(記述式対策)

この講座について

Part1の復習をきちんとやったとしても、Part2からの突然の難易度アップは否めない。
が、「難関」といっても、基礎もきちんと確認できる上、栗原先生のテキストの資料は非常に秀逸なので、2次試験で古文を使うのであれば、取るべき良講座。古典文法を理屈的に覚えたい人にはオススメ。古文を「日本語」として読めるようになる。

 

Amazon「東進ブックス